どきどきしゅーくりーむ

アイドル 転売等々情報発信

乃木坂46 個別握手会の参加方法!

今月は乃木の握手会が多かったので、何個か分けて握手会についての記事を書きたいと思います。

 

48・坂道などではCDを発売するたびに全国握手会・個別握手会が開催されます。今回はその中でも個別握手会について説明していきたいと思います。握手会に行きたいけど周りに詳しい知り合いがいないし参加方法がわからない。という方は是非参考にしてみてください。

 

 

1,個別握手会とは

個別握手会とは、個別握手券1枚で好きなメンバー1人と握手ができるイベントです。1〜5部制(不人気メンバーは部数が少ない)で、1部は朝の10時から5部の20時まで1日中開催しているイベントです。場所は幕張メッセポートメッセ名古屋インテックス大阪、京都パルスプラザなとで、土日祝日に開催されます。

 

2,どこで握手券を買うのか

"フォーチュンミュージック"というサイトで、握手をしたいメンバーの個別握手券付きCDを購入するのですが、メンバー1人1人の個別握手券は枚数に限りがあります。

なので"フォーチュンミュージック"では、握手会予定日から3〜6ヶ月前から抽選販売を行います。たまに個別握手会に握手券を持って行かないで参加する(無券参戦)をしている人がいますが、事前に抽選販売で希望メンバーの握手券に当選して購入していなければ参加できないので気をつけてください。個別握手会は無券ではメンバーと握手できずに帰ることになりますよ。

乃木坂46 特設ページ|forTUNE music

 

3,個別握手会参加券付きCDの抽選販売開始時期

個別握手会参加券付きCDの抽選販売開始時期ですが、だいたい、乃木坂46各メディアで次のシングルの発売が決定されて一週間後くらいです。

突然次のシングルが発表されるので、少しは貯金しておかなければ欲しい枚数を買えないかもしれません。

また、抽選申し込み期間はだいたい木曜日14時〜次の日の金曜日の14時くらいまでなので、あまり携帯をチェックしない人は気づいたら申し込みを忘れているかもしれないので注意してください、抽選の結果は応募締め切り日の金曜日の18時頃メールで届きます。

当選した握手券付きCDの支払い期日を守らないと、その当選権利は無効になってしまうので支払い期日を守るようにしてください。支払い期日を守らずバックレをすると、"ブラックリスト"入りして以降当選しづらくなると言われていますが、私の知り合いは支払いを何度かバックれても問題なかったそうです。

 

4,欲しいメンバーの握手券は当たるのか

今アイドル界トップの乃木坂46ですから、目当てのメンバーの握手券は当たるのか不安になると思います。

 

実際欲しいメンバーの握手券は当たるのかというと、、、メンバーによります。

人気メンバーは1次応募が勝負です。

だいたい人気メンバーは2次応募から全く当たらなくなります。

1次応募で応募するべきメンバーは、齋藤飛鳥西野七瀬白石麻衣秋元真夏生田絵梨花堀未央奈山下美月与田祐希・久保史緒里・梅澤美波あたりですね。

中でも齋藤飛鳥秋元真夏あたりは1次でも全く当たりません。45枚全て飛鳥と秋元に応募して5枚当たればいい方なのではないでしょうか。

実体験ですが、1次の堀未央奈は割とあたります。1次応募名古屋握手会の堀未央奈でしたが、15枚中14枚あたりました。

 

上記の人気メンバー、その他の選抜に入るような人気メンバーの握手券をたくさん確保したい場合は1次からしっかり応募しましょう。個別握手会の当落メールが来る応募締め切り金曜日の18時以降から、ツイッターで"乃木坂 当落"などとエゴサで検索すると、他の人の当落状況が確認できます。

詳しく個別握手会の握手券の当落状況を知りたい場合はこちらのブログを参考にしてください。

乃木坂46・欅坂46握手会情報まとめ

 

5,個別握手会当日

個別握手会当日は、握手券と自分の身分証明書を持って行きます。"フォーチュンミュージック"では、同名義で応募する限度があるので大量に同じメンバーの握手券が欲しい人は、友達に頼んで応募してもらい、他人名義で握手会に参加しようとします。そのようなことを阻止するために、握手券にうつっている身分と身分証明書を確認してからメンバーと握手をします。

なので、身分証明書を忘れずに持って行きましょう。基本的には運転免許証が良いと思います。顔写真付きが良いです。

 

6,まとめ

以上が個別握手会の参加方法です。

個別握手会は、事前に日程が決まっているのでいきなり半年後の予定を組むことになったりするんですよね笑

行けるかわからない日があった時はとりあえず少し応募していた方が後悔しないと思います。

 

個別握手会当日については後々詳しく記事にしたいと思います。